妊婦の腰痛におすすめマットレス、選ぶときのポイント3つとおすすめマットレス

妊娠をしてから寝てもスッキリとしない、腰痛に悩まされていると感じる人は少なくありません。

妊娠してから身体は日々変化していくので、今まで合っていたマットレスが合わなくなる事も出てきます。

そうなるとせっかくの睡眠も苦痛に感じてしまう原因になりますので、マットレスの追加や買い替えを検討してみましょう。

妊婦の腰痛はなぜ起こる

妊娠すると腰痛で悩まされる人は6割?8割と多くの妊婦さんが経験します。

妊娠すると子宮が大きくなる事から腰痛が始まり、妊娠後期になると反った姿勢になる事で腰に大きな負担が掛かります。

また赤ちゃんを育てる上でホルモンバランスが崩れたり、スムーズに産まれてこれるよう骨盤を広げるホルモンが出るために骨盤を支えようとその周りの腰やお尻の筋肉を使うことで腰痛に繋がりやすくなります。

女性の一生の中で妊娠期間は体の変化だ大きく、至るところに負担が掛かります。

ところが腰痛など妊娠期間中を過ぎれば軽減されることから、一過性だからと我慢してしまう人が多いのが現状です。

しかし我慢しすぎると坐骨神経痛など我慢できないほどの腰痛・痛みに繋がるので早めに対処することがおすすめです。

楽な姿勢で眠れる事、質の良い睡眠が取とストレスに感じない事は赤ちゃんにとっても良い影響があるので快適な睡眠を取れるようにしましょう。

妊婦におすすめのマットレス

妊娠期間中だけならマットレストッパー

マットレスの厚みが3?6cmで、現在使用しているマットレスや敷布団に合わせて使用するタイプの物をマットレストッパーと呼びます。

妊娠期間中のみの使用したい、マットレスを変えるほどでもないと考える人にはマットレストッパーがおすすめです。

マットレスストッパーにも

  • 高反発…硬め
  • 低反発…柔らかめ

の物があるのですが、妊婦さんには高反発よりも低反発の物がおすすめです。

赤ちゃんの体重が増え、さらに妊婦さんの体重が増えていくと横になったときに1番体重が増えるのが腰の部分になります。

低反発のマットレスだと体重をしっかりと分散させてくれるので腰痛の軽減に繋がります。

妊娠を機にマットレスを変えるなら厚さ10cm以上

厚みが10cm以上あるものはマットレス単体で使用するタイプです。

マットレスの厚みが10cm?15cmあれば直接フローリングに引く事もできますし、ベッドフレームに置いて使用することも可能です。

妊娠を機にマットレス本体の質を変えたいと考えている人にはマットレス単体で使用できるしっかりとしたものを選ぶのがおすすめです。

妊娠中?産後、は体重の変化の幅が大きいので高反発マットレスがおすすめです。

高反発マットレスは体重や骨格に合わせて身体が沈み込む構造になっているので、腰や肩に掛かる負担を軽減してくれます。

高反発マットレス

高反発マットレスにもウレタンの物と樹脂でできた物があります。

高反発マットレスと呼ばれるマットレスによく使用されているのが、ポリウレタンを発砲させたウレタンフォームという材質です。

密度の高いスポンジのような作りをしているので、優れたサポート性があるのが特徴です。

この優れたサポート力で体をしっかりと支えてくれるので安定感があります。

製品によって価格に幅があり、初めて使う人でも取り入れやすいマットレスともいえます。

ウレタンフォームを使用したマットレスには、消費者庁によって硬ささの表示が義務つけられてるので選ぶ際には参考にすると良いでしょう。

  • 110ニュートン以上→硬め
  • 75~110ニュートン未満→普通
  • 75ニュートン未満→柔らかめ

110ニュートン以上の物を高反発と呼び、75ニュートン未満の物を低反発と呼ぶので覚えておきましょう。

エンジェルサポートマット

  • シングルサイズ ¥27500(税込)
  • コンパクトサイズ ¥25300(税込)

こちらのマットレスは快適を追求する寝具n老舗「西川株式会社」より発売されている妊娠中・産後も快適に過ごせるよう開発された敷きマットです。

妊婦の生活や体について研究されてきた赤井先生(母性・助産学教授・保健看護学博士・助産師)とともに開発されました。

一般的な敷き布団やマットレスは腰回りを支えることを目的に中心部分がしっかりと作られています。

エンジェルサポートは腰周りの接地部分が柔らかく作られているので重くなってくるお腹部分を沈みこませ腰への負担を軽くしてくれます。

取り扱いも簡単で、現在使用している布団やマットレスの上に敷くだけで大丈夫です。

自分に合ったマットレスを見つけるために

お腹が大きくなってきたり悪阻が続くと外に出るのも億劫になるかもしれませんが、出来るだけ展示場やショールームに足を運ぶ事がおすすめです。

一言に妊婦といっても人それぞれ体重も身長も普段の姿勢も異なります。

みんなが良いと言っていても必ずしも自分の体に合うとは限りませんので、実際にマットレスに横になってみて寝心地を確認してみる、お店の人に合っているか聞いてみる事をおすすめします。

またネット等で注文する際、寝心地に満足できなければ返品可と記載されてる商品もあるので万が一自分に合っていないと感じた場合には返品できるか確認してきましょう。

まとめ

妊娠中に腰痛に悩まされる女性は多いです。

妊娠初期から出産、そして産後も赤ちゃんのお世話で生活が大きく変わります。

睡眠は1日の疲れを取る大事な時間ですので、より快適に過ごせるようにマットレスが自分n合っているか確認してみてはいかがでしょうか。

朝スッキリと目覚め快適な1日が過ごせるマットレスに出会えると良いですね。